バッチ処理の二重起動チェックをシェルだけで実現する方法

Linux

Linux系のОSでバッチを起動する場合は、シェルを作成して、そのシェルからJavaなどのプログラムを呼び出すケースがほとんどかと思います。


バッチで問題になるのが「バッチの重複起動」になります。
“バッチ突き抜け”とも言いますが、1つのバッチが終了する前に同じバッチが起動してしまうと、思わぬ不具合が発生してしまいます。
この場合、プログラムで重複起動をおこなわないような制御をおこなう必要があります。


今回は、このバッチ重複起動チェックをシェルだけで実現する方法を紹介します。


環境情報


  • OS:CentOS 7.6

pgrepコマンドとは


重複起動チェックで使用するコマンドは「pgrep」コマンドです。
「pgrep」コマンドは、プロセスが保持しているプロセス名属性からプロセスIDを取得するコマンド
になります。


「ps」コマンドと「grep」を足したコマンドですね。
psコマンドの出力結果をパイプ(|)で繋いでgrepで抽出することが多いかと思いますが、この操作を同時に実行することが「pgrep」コマンドになります。


基本的な文法は以下になります。

pgrep [オプション] [プロセスの特定パターン]

二重起動チェックのシェルプログラム


二重起動チェックのシェルプログラムは以下になります。
「pgrep」コマンドで自身のプロセス名でプロセス番号を取得し、そのプロセス番号と自身のプロセス番号と比較しています。
プロセス番号の比較結果が異なる場合は、自身のプロセスと同名の他プロセスが動作していると判断する、ということですね。


#!/bin/sh

echo "start"
PGREP=`pgrep -f $0 -o`
PGREP_RSLT=$?

if [ $$ != $PGREP  ];
then
  echo "$0は起動中です。二重起動チェックです。"
  exit 1
fi

sleep 180
echo "end"

上記サンプルプログラムを同時に実行すると、一方のシェルはチェックに掛かって起動できません。
二重起動チェックにかかりやすいように、180秒のスリープをおこないバッチ実行中の時間を長くとっています。


pgrepコマンドのオプションと特定パターン


二重起動チェックで使用している「pgrep」コマンドのオプションや、使用している特殊変数について説明していきます。


まずは「pgrep」コマンドのオプションです。
二重起動チェックで使用しているのは「-f」オプションと「-o」オプションになります。


「-f」「-o」オプション含めて、よく使用するオプションを紹介しておきます。


オプション フルオプション 説明

-f

–full

コマンドライン全体をパターンマッチの対象とする。

-o

–oldest

対象のプロセスから最も昔に起動されたものだけを対象とする。

-n

–newest

対象のプロセスから最も最近に起動されたものだけを対象とする。

-U ユーザ

–uid ユーザ

指定したユーザのプロセスを対象とする。「,」区切りで複数指定可能。

-v

–inverse

検索パターンの否定。


次に特殊変数についてです。


  • $0:実行中プロセスのシェルファイル名。
  • $?:直前に実行したコマンドの実行結果。成功時は「0」。失敗時は「0」以外。
  • $$:実行中プロセスのプロセスID。

この特殊変数は非常に便利です。
実際の動きを紹介していきます。


$0特殊変数。実行中プロセスのファイル名。


実行中プロセスのシェルファイル名は「test.sh」となります。
そのファイル名がそのまま特殊変数として格納されています。


#!/bin/sh

echo "start"
echo $0
echo "end"

test.sh

$?特殊変数。コマンド実行結果。


コマンドの実行結果が格納されています。
厳密にはコマンドの実行結果も参照、二重起動チェックに成功したか?失敗したか?についても処理分岐が必要となります。


#!/bin/sh

echo "start"
PGREP=`pgrep -f $0 -o`
echo $?
echo "end"

0

$$特殊変数。実行中プロセスのプロセスID。


実行中プロセスのプロセスIDが格納されています。


#!/bin/sh

echo "start"
echo $$
echo "end"

4269


sakusaku

都内でSIerをやっています。 使用している技術は、Java、PHP、MySQL、PostgreSQL、Oracle、Apache、Tomcat、あたりです。 Pythonやってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください