WordPressプラグインのページングデザインを変更する

WordPress

WordPressプラグインを開発する際、記事の一覧を表示するプラグインを開発する場合は、ページングがどうしても必須になってきます。
ページングとはページ送りのことで、一覧画面の次ページ・前ページ、といった機能の事です。


WordPressプラグインの標準機能で、「paginate_links」という機能を使えばページング自体は出力されるのですが、画面デザインについては自身でカスタマイズする必要があります。


今回は、WordPressプラグインのページングデザインを修正する方法を紹介します。


環境情報


  • WordPress 5.1.6

paginate_linksでのページング出力


WordPressプラグインでは、「paginate_links」を使用すればページングが出力されます。
記事一覧とページングを表示するサンプルプログラムは以下になります。


// 検索条件を設定
$paged = get_query_var('paged') ? get_query_var('paged') : 1 ;
$args = array(
    'post_type' => 'post',
    'posts_per_page' => 20,
    'paged' => $paged
);
// クエリを実行
$query = new WP_Query($args);

// クエリ結果を表示
if ( $query->have_posts() ) {
    echo '<table>';
    $lc = 1;
    while ( $query->have_posts() ) {
        $query->the_post();
        echo '<tr>';
        echo '<td>';
        echo $lc;
        echo '</td>';
        echo '<td>';
        echo the_title();
        echo '</td>';
        echo '</tr>';
        $lc++;
    }
    echo '</table>';

    echo '
';
    echo paginate_links(array(
        'base' => str_replace(
            $big, '%#%', esc_url(get_pagenum_link($big))),
        'show_all' => true,
        'type' => 'list',
        'format' => '?paged=%#%',
        'current' => max(2, get_query_var('paged')),
        'total' => $query->max_num_pages,
        'prev_text' => '前へ',
        'next_text' => '次へ',
    ));
    echo '</table>';
    echo '
';
} else {
    echo "no result.
";
}

上記のプログラムでページング自体は表示されますが、デザインは何も設定されていない状態になります。



このページング部分について、CSSでデザインを設定していきます。


CSSを作成する


ページング部分のHTMLは以下になります。
このHTMLを「paginate_links」が出力しています。


<ul class="page-numbers">
    <li><a class="prev page-numbers" href="URL">前へ</a></li>
    <li><a class="page-numbers" href="URL">1</a></li>
    <li><span aria-current="page" class="page-numbers current">2</span></li>
    <li><a class="page-numbers" href="URL">3</a></li>
    <li><a class="page-numbers" href="URL">4</a></li>
    <li><a class="page-numbers" href="URL">5</a></li>
    <li><a class="next page-numbers" href="URL">次へ</a></li>
</ul>

<ul><li>のリスト形式でページングが構成されていることがわかります。
リスト形式を縦並びではなく横並びにする方法で何通りかあるのですが、inline-block形式で横並びにする方法でデザインを調整します。


以下のCSSを適用してみます。


ul {
  list-style: none;
}

ul.page-numbers {
  width: 1000px;
  padding:0;
  font-size:0px;
}

ul.page-numbers li {
  padding-top:10px;
  margin-left:10px;
  width:50px;
  border:1px solid black;
  display: inline-block;
  text-align: center;
  font-size:15px;
  height:30px;
}

ul.page-numbers li .current {
  font-size:15px;
}

ul.page-numbers li a {
  display: block;
  font-weight:bold;
}

ul.page-numbers li .current {
  padding-top:50px;
}

このCSSを適用することで、ページングのデザインが整います。



よくあるページングデザインにしてみたつもりですが、デザインを変更したい場合は、上記のサンプルCSSを調整すればデザインは調整できます。


CSSをプラグインに適用


CSSを自作したWordPressプラグインに適用する場合、プラグインのプログラムにCSSの読み込み処理を実装する必要があります。
まず、自作したCSSをプラグインフォルダに格納します。
以下の例では、プラグインフォルダの下にCSSという名前のフォルダを作成し、その中に「style.css」というファイルを格納しておきます。



WordPressプラグイン側の実装は、以下になります。


/**
コンストラクタ
*/
function __construct() {
    if (is_admin() && is_user_logged_in()) {
        wp_register_style(
            'myplugin_css', plugins_url('css/style.css', __FILE__));
        wp_enqueue_style('myplugin_css');
    }
}

使用する機能は以下の2つになります。


  • wp_register_style

CSSスタイルファイルの登録。


  • wp_enqueue_style

画面ページに CSSファイルを追加。


上記の実装をWordPressプラグインに実装することで、WordPressページにデザインが適用されます。



sakusaku

都内でSIerをやっています。 使用している技術は、Java、PHP、MySQL、PostgreSQL、Oracle、Apache、Tomcat、あたりです。 Pythonやってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください