WordPressとTwitterを連携する方法

ロゴ

今回は、WordPressとTwitterを連携する方法を紹介します。

ブログ運営でTwitterのようなSNSを使用するのは、もはや当然になってきています。
やっぱり、せっかくブログを運営しているのであれば、できるだけ沢山の人にみてもらいたいですからね。


本記事では、WordPressとTwitterを連携して、WordPressの記事にツイートボタンを表示する方法までを紹介します。


環境情報


  • CMS:WordPress 5.1.5
  • テーマ:Sparkling 2.4.5

Twitterのプロフィール設定


まず最初に、TwitterのプロフィールにブログのURLを設定するために、Twitterのプロフィール設定をおこないます。


まず、Twitterのプロフィール画面をひらきます。

TwitterとWordPressの連携設定

プロフィール編集ウィンドウをひらきます。
プロフィール編集ウィンドウの「ウェブサイト」に、ブログのURLを入力します。
URLを入力したら保存ボタンを押下して終了です。

TwitterとWordPressの連携設定

Twitterの設定はこれで完了です。


WordPressの設定


次に、WordPressの設定です。
WordPressの「All in One SEO Pack」を使用します。


「All in One SEO Pack」をインストールしている前提で説明していきます。
もしインストールされていない場合は、プラグインの追加からインストールしておきましょう。


WordPressの管理コンソールで、「All in One SEO」→「機能管理」をクリックし、「ソーシャルメディア」を有効にします。

TwitterとWordPressの連携設定

有効にすると、左メニューに「ソーシャルメディア」が表示されるので、クリックしてソーシャルメディアウィンドウをひらきます。

TwitterとWordPressの連携設定

ソーシャルメディア設定ウィンドウで設定しなけれいけない内容は、「画像設定」と「Twitter設定」の2つになります。


画像設定


ここで設定する画像が、投稿した際のTweet上で表示される画像になります。

TwitterとWordPressの連携設定

各項目について説明していきます。


・OG:Imageソースを選択

ツイートした際にどの画像を表示するかを選択します。
おすすめは「アイキャッチ画像」です。
投稿記事に設定するアイキャッチ画像をTweet上に表示することができます。


・画像が見つからない場合はデフォルトを使用、デフォルトの OG:Image

仮にアイキャッチ画像を設定しなかった場合の挙動と、その際に使用する画像になります。


・デフォルトの画像幅、デフォルトの画像高さ

ツイータした際に表示する画像の幅・高さ、になります。


・画像にはカスタムフィールドを利用する

WordPressのカスタムフィールドを使用して記事を投稿する場合に必要な設定となります。
今回はこの方法は使用しないので、説明は省略します。


Twitterカードの設定


次に、Twitterカードの設定をおこないます。

TwitterとWordPressの連携設定

・デフォルトTwitterカード

「要約」「要約の大きい画像」の2種類が選択可能です。


筆者は、「要約」を選択しています。

実際のツイータ上には以下のように表示されます。

TwitterとWordPressの連携設定

・Twitterサイト

TwitterのTwitterIDです。
@から始まるIDになります。
Twitterの設定ウィンドウで確認できます。

TwitterとWordPressの連携設定

・Twitter 投稿者を表示

Tweetの際に投稿者の情報を表示するかどうかになります。
チェックしておいた方がよいです。


・Twitterドメイン

ブログのドメインを指定します。
ドメインなので、httpsは不要です。
本ブログでは「sakusaku-techs.com」になります。


ここまでの設定を完了すると、WordPressのユーザ情報に「Twitter」の入力ボックスが表示されます。
ここに、@からはじまるTwitterIDを入力して、画面下のプロフィールを更新ボタンを押下して保存すれば設定完了です。

TwitterとWordPressの連携設定

Card Validatorでチェックする


Twitterの「Card Validator」というチェックツールで、ここまで設定した内容でTwitterカードが正常に登録されてるかをチェックします。
「Card Validator」は、以下のサイトになります。


サイトのURLを入力して、「Preview card」ボタンを押下してチェックします。


Twitterカードが表示され、ログメッセージに”Card loaded successfully”が表示されれば、Twitterカードは正常に作成されています。

TwitterとWordPressの連携設定

記事投稿時の設定


実際に記事を投稿する際に、Twitterへの連携内容を入力して記事の登録をおこなうことになります。
WordPressの記事ウィンドウで、画面下に「ソーシャル設定」というタブが表示されます。
このタブを選択して、Twitterに連携する内容を入力します。

TwitterとWordPressの連携設定

・タイトル

ツイートした際に表示されるタイトルです。
記事タイトルと同じがいいかと思います。


・説明

ツイートに表示される記事の内容です。
記事の内容を分かりやすく長くならない範囲で入力しましょう。


・画像

ツイートの際に同時に表示される画像です。
ユーザ画像とアイキャッチ画像以外にも、記事内で使用している画像についても設定できます。


・Twitter カードタイプ

「要約」「要約の大きい画像」の2種類が選択可能です。


記事にツイートボタンを表示する


記事にツイートボタンを表示して、記事をみた人がツイートできるようにします。

WordPressに挿入するJavaScriptを、ツイッターのサイト(TwitterPublish)から取得します。


TwitterPublishでは、各種ボタンを表示するためのHTMLが取得できます。

TwitterとWordPressの連携設定
TwitterとWordPressの連携設定

TwitterPublishから取得したHTMLをWordPressの記事に設置すれば、ツイートボタンが表示されます。

TwitterとWordPressの連携設定

フォローボタンも同様に表示されます。

TwitterとWordPressの連携設定


sakusaku

都内でSIerをやっています。 使用している技術は、Java、PHP、MySQL、PostgreSQL、Oracle、Apache、Tomcat、あたりです。 Pythonやってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください